大阪で受けられる高濃度ビタミンC点滴療法

subpage1

大阪では高濃度ビタミンC点滴療法を受けることができます。



高濃度ビタミンC点滴療法とは、点滴によって、血中のビタミンC濃度を抗ガン作用が発揮されるまで引き上げていく治療法で、副作用がないガン治療といえます。

この高濃度ビタミンC点滴療法は、早期から末期までのガンに適応し、ガンの転移や再発を予防し、放射線治療や抗ガン剤治療ができない人の治療としても注目されています。

この治療を受けることで、ガン細胞を直接殺傷したり、免疫強化が期待できますし、抗ガンのつらい副作用を軽減したり、することができます。
大阪でもこの治療を受けることができますが、原則的に最初の3ヶ月は週に2回、その後は週に1回の治療が必要となります。

ビタミンCは、高濃度になると強い酸化作用をもつヒドロキシラジカルを誘し、ガン細胞はヒドロキシルラジカルに攻撃されやすい環境になります。



また、ガン細胞はブドウ糖を取り込みやすく、ブドウ糖と構造が似ているビタミンCは、ガン細胞に取り込まれやすいため、より多くヒドロキシラジカルが発生しガン細胞だけを選択的に攻撃することができます。

大阪で人気となっている高濃度ビタミンC点滴療法は、保険が適応されない自由診療となりますが、末期ガン患者や再発の不安がある患者を中心に、人気があります。



ビタミンCは、経口の場合には、消化器官を通過する間にどんどん酸化してしまいますが、点滴で血管に直接投与することで、より高い効果を得ることができます。